鍼灸で楽になることたくさんあります!

年代による女性の体調の変化、不調に寄り添います。少々相談しにくいお悩みもお気軽にお話しください。


国分寺 弘子はりきゅう治療室 施術の様子

睦月の体調と気候

2020年になりました!オリンピックイヤーです!

しかし、暖冬ですね。いつもなら寒さと乾燥と風邪やインフルエンザのウイルスの関係について伝えるところですが、インフルエンザ流行の話題は今のところ聞こえてきません。

とは言え油断禁物です。年末からのお仕事やお付合いの疲れを溜めこんでいたり、抜けないでいたりしませんか?こういった疲れは胃腸の調子に出やすいですから、消化不良、胃痛、便秘・下痢などの症状が強く出るようなら、しっかり休息、早寝早起きを心掛けて、鍼灸で代謝を上げて体調を上げていきましょう!

また、暖冬とはいえ、空気の乾燥でお肌や眼が乾きやすくコンディションを崩しやすい時期です。美容鍼灸をプラスしてみるのもおすすめです。日頃から体調を安定して保つのにも、お疲れの時のチャージとしても鍼灸治療があなたの元気にに寄り添います。慢性の首・肩凝りや腰痛、目の疲れにもにも良いですよ。

また、風邪の引きはじめにも鍼灸はお役に立ちます。かかったかなと思ったら鍼灸と睡眠です。

 

季節は関係ありませんが、治療室で定期的な鍼灸施術を継続されていた方々に、今年に入り妊娠や出産の経過が出てきています。特別に妊活を掲げてはおりませんが、常日頃の体調管理の意識の賜物かなと思う今日この頃です。


体調を整えたら、美容鍼灸で見た目も健やかに!